Appleが次に仕掛けるのはAR/VRヘッドセット?

ある報告によると、Appleのハードウェアエンジニアリングの責任者が、仮想現実と拡張現実のデバイスに焦点を移したそうです。これは、同社がバーチャルリアリティに参入する準備をしているという一連の噂やヒントの最新のものにすぎません。噂によると、Appleは、急成長中の市場の先頭に立つことができるヘッドセットを開発しているそうです。

元トップハードウェアエンジニアが手掛ける次のプロジェクト

この動きに詳しい匿名希望の人物がBloombergの取材に対して語ったところによると、AppleのDan Riccio氏がハードウェアエンジニアリングの責任者を辞任した件はニュースの一部に過ぎなかったといいます。Riccio氏はJohn Ternus氏に代わられ、社内の新規プロジェクトに向かっていると報告されました。今、Riccio氏はすべてのハードウェアから、同社の新たなカテゴリーであるバーチャルおよび拡張現実デバイスに切り替えているようです。

Riccio氏率いるチームは、AppleのARとVRに取り組んでいると報じられており、Bloombergは、Riccio氏がプロジェクトの最終的な監督を担当し、日々の指揮はMike Rockwell氏が行うと報じています。Rockwell氏のチームは1000人をはるかに超える技術者で2台のヘッドセット開発に取り組んでいます。

2台のヘッドセットを開発中と噂

1つ目のヘッドセットは、ハイエンドのVRに特化したデバイスで、AR機能も搭載しています。2つ目は、主に拡張現実に焦点を当てたものになると思われます。2021年の初め、私たちは初期のリークやヒントによって提供されたN301 Apple VRヘッドセットのデータを紹介しました。AppleがAR市場での優位性を追求したVRヘッドセットを作ることがどんな意味を持つのかを、私たちは初めて知りました。

最初に噂があった時から、Appleが実際のデバイスをテストしていると思われる2021年まで長い道のりのように思えるかもしれません。しかし、Appleがほぼ確実なタイミングでしかデバイスをリリースしない傾向を考えると、Appleに勝算があることを示唆しています。

コメント