Siriへの音楽再生リクエスト、iOS14.5でアプリの指定が可能に

Appleは、すべてのユーザーがデフォルトの音楽アプリを選択できる待望の機能をSiriに追加しました。このアップデートは、最新のiOS 14.5とiPadOS 14.5で提供され、ユーザーが楽曲の再生をリクエストする際に、音楽アプリを設定できるようになります。

将来的にはPodcastやApple Booksも対応予定

iOSのベータ版ソフトウェアプログラムに参加している場合は、最新のiOSがデバイスにダウンロードされていることを確認してください。[設定] → [一般] → [ソフトウェア・アップデート] で確認できます。iOS 14.5のパブリックベータ版をダウンロードできていれば、音楽トラックの再生をリクエストして、デフォルトの音楽サービス選択プロセスを開始することができます。

ユーザーが曲の再生をリクエストすると、Siriはどの音楽サービスを使用すべきかを尋ねてきます。iPhoneやiPadに複数の音楽サービスがダウンロードされていれば、選択肢のリストが表示されます。

アプリ選択のデフォルト設定は、現時点では完璧とはいえず、今後はPodcastアプリやApple Booksもターゲットにしているようです。将来的には、AppleのSiriのデフォルト選択プロセスに、Podcastのデフォルト、Musicのデフォルト、オーディオブックのデフォルトが含まれることになるでしょう。

Appleのスマートスピーカーでも動作

このプロセスは、SiriがApple Home Podスマートスピーカーでも、音楽をプリセットロケーションで再生することをユーザーが提案した場合にも機能します。将来的には、デフォルトの音楽アプリの設定は、切り替えられるまで変わらないはずです。ただし、今のところは、ベータ版ということもありApple Musicに時々戻ってしまうかもしれません。

iOS 14のアップデートのタイムラインを覗いてみましょう。今回のアップデートでは、基本的な操作方法の一部が変更されているので、内容を確認してみてください。

コメント