なぜデータを溜め込んでしまう?4つの理由を研究者が発見

買いだめは見逃すことのできない行動です。多くの場合、家や他のスペースを膨大な数のアイテムで満たすことで、生活に大きな影響を与えてしまうことになります。今回はあまり知られていない「デジタル溜め込み」の問題に触れてみましょう。これは、デジタルコンテンツを大量に溜め込んでしまう行動で、手放すことは難しいと思われます。

時間の経過とともに大量のデータを蓄積

典型的な買いだめとは異なり、デジタル溜め込みは時間をかけてコンテンツを削除せずに大量のデジタルデータを収集する行動です。このような情報の蓄積は、アーカイブなどの目的で意図的に行われている場合もありますが、定期的にデータを削除しないことで時間の経過とともにデータを増大させるだけの受動的な場合もあります。

例えば、いつか役に立つかもしれないと思って膨大な画像のコレクションをダウンロードしたり、メールを削除しない人がいて、何千、何万ものメールが入った受信ボックスを整理するのが大変な状態になってしまったりすることもあります。新しい研究によると、デジタル溜め込みは4つの異なるカテゴリーに分けることができます

デジタル溜め込みをしてしまう4つのタイプとは

4つのタイプのデジタル溜め込み者は、不安、離脱、コンプライアンス、収集のいずれかのカテゴリに分類されます。おそらく、4つの基本はコンプライアンスカテゴリです。これは主に、ポリシーや慣行によって従業員が古いメールやスプレッドシートなどの大量のデジタルデータを保持することになる職場を指します。

このカテゴリは個人レベルではそれほど大きな問題ではありませんが、データ漏洩が発生した場合には、企業にとって問題となる可能性があると研究者は指摘しています。コンプライアンスのカテゴリーに続くのは収集家、つまり溜め込むと定義されるような行動をとるユーザーですが、他のタイプのデジタル溜め込み者の動機となる不安や離脱、会社の命令はありません。

カテゴリの締めくくりは、データを削除すると将来重要になるものが削除される可能性があることを心配したり、整理されていないために大量のデジタルデータを蓄積する人々です。研究者は、企業はどの情報を安全に削除できるかについて従業員を安心させることでデジタル溜め込みを減らすことができるかもしれないと指摘していますが、どのような戦略がデジタル溜め込み行動全体を減らすのに役立つかを判断するためには、さらなる研究が必要であるとしています。

コメント