5G対応?2021年のiPad Proがリークされる

AppleのiPad Proの次世代機器を見てみましょう。リークされた図面に基づいてレンダリングしたiPad Pro 2021は、12.9インチディスプレイ、電源ボタン、カメラ、そしてFace IDとTouch IDの両方のログインオプションを備える可能性を示しています。このデバイスは、USB-Cポートやフラットエッジデザインなど、最新のiPadデバイスの設計ガイドラインに従っているように見えます。

5G対応の初のiPadになる可能性

以下に示す今週リークされた画像は、匿名を希望する第三者の個人を通じて画像を取得した91mobilesを介して表示されます。ここに示した12.9インチディスプレイを搭載したiPad Pro 2021は、QUADスピーカーシステムと、それ以外では最新のiPad Proに似たスマート接続システムを備えているように見えます。おそらく、Appleペンシルのワイヤレス充電ストリップが音量ボタンの近くにあるはずです。今のところ、電源ボタンとTouch IDを備えたホームボタンがあるのか、それともボタンが2つあるのかは完全には明確ではありません。

2021年のiPad Pro 12.9は、5G接続を備えた最初のiPadになる可能性があります。場所や通信事業者によりますが、これまでにないほど確実に高速なデータ速度で接続できるようになります。

iPad miniと3月に同時発売とも囁かれる

12.9インチディスプレイを搭載したiPad Pro 2021は、2021年前半に発売されるいくつかの新しいiPadデバイスの一つになる可能性が高く、新しいiPad miniも同時に発売されるかもしれません。価格設定は最新世代のものと大きく変わることはないでしょうが、注目していくことにしましょう。

もし最新のiPad miniのリーク情報が完全に正確であれば、2021年3月には新しいiPadデバイスが登場するかもしれません。これまでiPadの購入を待っていた場合は、次の世代が発売される直前に値下げされるまで、もう少し待った方がいいかもしれません。

コメント