2021年のApple充電器はより小さく軽くなる可能性

Appleの充電器は数ヶ月前から注目を集めていますが、必ずしも良い意味ではありません。AppleがiPhoneのパッケージから電源アダプターを外すという決定を下したことは、誰もが納得するものではありませんでした。しかし、これはAppleが充電技術を革新しないということではありません。逆に、このレポートが示唆しているように、ユーザーの購買意欲が高まるようなポータブルな商品になるかもしれません。

2021年は充電器の改良に取り組むと噂

スマートフォンやノートPCのバッテリー技術はここ数年ほとんど同じままですが、充電器の技術革新は対照的な動きを見せています。スマートフォンの急速充電に加えて、多くのブランドが充電器自体にGaNや窒化ガリウムの使用に移行しています。ここでは、技術の詳細には触れませんが、GaNの充電器は小型軽量でありながら、さらに高い出力を実現できるものです。

Appleは2021年に向けて充電器の改良に取り組んでいるとうわさされており、有名なアナリストのMing-chi Kuo氏によると、今年は2〜3基の新しい充電器を発売する可能性があるそうです。彼はこれらの新しい充電器が何をもたらすかについて詳細には語りませんでしたが、業界の情報源からのレポートはGaN技術にほぼ焦点を当てています。

価格や販売スケジュールはまだ未定

DigiTimesによると、アイルランドを拠点とするNavitas Semiconductor社は、AppleなどのベンダーからGaN-on-Siチップの受注を受けています。Navitasは、充電器やパワーバンクなどの電力ソリューションを専門とするAnker社、Aukey社、Belkin社などの企業にこれらのチップを供給しています。また、同社の最新の製品にGaN充電器を採用して販売し始めています。

とは言うものの、Appleの新しい充電器の詳細なタイムラインはまだなく、どれほど高価になるかはまだ決まっていません。価格への影響は、MacBookのようなAppleの他のデバイスと比べるとあまり変わらないかもしれませんが、より高価なiPhone充電器は、同梱をやめたことに加えてさらに物議を醸す可能性があります。

コメント