Huawei Mate 40 Pro+がスマホカメラの王様と評価される

Huaweiのスマートフォンの将来はまだ不透明かもしれませんが、一つ確かなことがあります。Huaweiのフラッグシップ機は、DxOMarkの基準に関して、写真機能でトップスコアを獲得しています。したがって、Mate 40 Pro+がサイトのベンチマークランキングで最高のスコアを記録したことはそれほど驚くべきことではありません。

カメラに関するスペックをべた褒め

スマートフォン、レンズ、カメラを科学的に評価するフランスのDxOMarkは、Huawei Mate 40 Pro+について、特にスペックの面で賞賛しかしていません。超広角カメラをアップグレードし、メインカメラにOIS(光学式手ブレ補正)が追加されており、ズームする距離に応じて、1台ではなく2台の望遠カメラを搭載しています。

もちろん、これは単なる説明書上の話ですが、サイトではほとんど広告通りに動作することを確認しています。Mate 40 Pro+は、静止画と、これまでずっとHuaweiのドメインであるナイトモードで特に秀逸でした。追加のハードウェアのおかげで、ズームとボケ、そして安定性に関しては2位を獲得しています。広いダイナミックレンジと正確な色味により、画像をポップアウトさせ、オートフォーカスと安定性がビデオ撮影でも輝きます。

カメラ以外を考えると完璧なスマホではないかも

しかし、DxOMarkが言うには、完璧ではないアーティファクト処理もあるので、すべてが良いニュースというわけではありません。また、暗い場所でビデオを再生すると、不自然な色調になり、テクスチャが失われるという問題もあります。また、プレビューに表示されているものと実際に作成された画像またはビデオとの間に差異があることも確認されました。

Huawei Mate 40 Pro+はDxOMarkの最高点を獲得したものの、スマートフォンとして全体を見ると完璧とは言えないかもしれません。例えば、Google Playストアやアプリはまだ利用できず、一部の市場ではアクセスできない可能性があります。価格も高価で、Huawei Mate 40 Proのカメラ性能ともそれほど差はありません

コメント