AirPods Maxは修理しづらい?分解して内部を調査

Appleはサードパーティーの修理を積極的に受け入れていません。ハードウェアがトリガーとなっているか、ソフトウェアの検証プロセスを経ているかにかかわらず、Appleは認定されたツールやソフトウェアを持たない人が製品を分解して元に戻すことを困難にしてきました。しかし、時には、デバイスの設計方法に問題があることもあり、最新のAirPods Maxはその範疇に入るかもしれません。

分解の初動から手間がかかるとの見解

アメリカの電子機器修理企業であるiFixitは、この高価なヘッドフォンを開くのにもかなりの労力がかかると感じています。この種のオーディオアクセサリーとしては珍しいことですが、Apple製品としては驚くことではありません。iFixitはまだ分解途中であると述べていますが、サードパーティ製の修理に関してはあまり良い兆候ではないかもしれません。

さらに、危険信号の1つはバッテリーに関するもので、iFixitがAirPods MaxのX線スキャンを行ったときに気づきました。コネクタが見当たらず、はんだ接合部とワイヤーのみで構成されているため、バッテリーを交換するのは簡単な作業ではありません。奇妙なことに、ヘッドフォンの2つのバッテリーは両方とも1つのイヤーカップにのみ配置されており、反対側のカップにはカウンターウェイト(つり合いを取るための重り)がありません。

完全な分解と評価は近日中

大まかに分解すると、2つの同一のロジックボードがそれぞれのカップに1つずつ見られます。これはAirPods Maxのテーマをほぼ反映しており、Appleの2つのH1チップのように、あらゆるものが2個あります。残念ながら、問題が起きた時のために備えられている余剰とはっきり言えるものではないので、この設計の影響をテストする必要があります。

また、良い発見もありました。回るネジがたくさんあり、モジュール化された交換可能な部品があるようです。iFixitの最終的な評価とスコアはまだ出ていませんが、550ドル(日本販売価格61,800円)のヘッドフォンにさらなる朗報があることを期待したいです。

コメント