富士フィルムが芸術作品の保存に最適な新機能を開発

​スマートフォンの猛攻を受けて、カメラメーカーはモバイルデバイスでは実現が困難な機能を提供するためにステップアップしなければなりませんでした。​たとえば、多くの企業がデジタル一眼レフやILCをウェブカメラに変え、今日のビデオ会議プラットフォームの波に乗り始めています。​富士フイルムは、現在のスマートフォンでは不可能と思われる新機能を備え、102MPのGFX 100ミラーレスカメラで400MPの解像度の画像を生成することができます。

瞬時に16枚連続撮影し、1枚へ処理

これは、しばしばスマートフォンで採用されている、隣り合う画素を使用して解像度は低くても詳細度の高い画像を生成する、ピクセルビニングの逆をいくように聞こえます。​しかし、富士フイルムの「ピクセルシフトマルチショット」の背後にある原理は、決して新しいものではなく、カメラやスマートフォンにはさまざまな名前で登場しています。​簡単に言えば、わずかにずれた位置で複数の写真を撮影し、それを1枚の400MP画像に合成するというものです。

ユーザーがシャッターボタンを押すと、GFX 100は16フレームを連続して素早く記録し、各フレームでセンサをわずかにシフトさせるために、ボディ内手ぶれ補正を使用します。​ただし、カメラだけでは終わらず、PCとMac用に別々のPixel Shift Combinerソフトウェアを使って、これらの16フレームをDNGフォーマットの単一RAWファイルに結合する必要があります。また、​「Capture One」のような別のソフトウェアを利用すれば、これを400MPのTIFF形式またはJPEG形式に変換できます。

芸術作品の忠実な保存が可能

​生成されるイメージには、同等の100MP写真よりも多くのディテールが含まれます。​富士フイルムでは、400MPの画像が被写体の細部や色をより忠実に再現できるとしています。​もちろん、これはファイルサイズも指数関数的に大きくなり、1つのJPEGが数百メガバイトを占めることも意味します。

それは愛好家や一部のプロにとっては大きな問題になるかもしれませんが、富士フイルムはそれらのユーザーを想定していないかもしれません。​同社はこの機能を、美術品、建築物、その他の文化財をデジタルアーカイブするために位置づけています。このような芸術作品を忠実に保存するためには、ストレージの圧迫は小さな代償でしょう。​ピクセルシフトマルチショットは、Fujifilm GFX 100の最新ファームウェアアップデートで利用可能ですが、Pixel Shift CombinerとCapture Oneのプログラムは別途ダウンロードする必要があります。

コメント