iPhone 12シリーズの修理費用発表:値上げになるものも

Appleは、標準のiPhone 12とiPhone 12 Proの両方について、保証対象外の修理の価格を明らかにしました。これには、良いニュースと悪いニュースが混在しています。標準のiPhone 12の場合、画面の修理の価格はiPhone 11よりも上昇していますが、iPhone 12 Proの価格はiPhone 11 Proの画面の修理費用と同価格のままです。

使用するディスプレイが高価なため修理費用も値上がりに

画面の修理に関するAppleのサポートページによると、壊れたiPhone 12画面の保証対象外の修理では、標準のiPhone 11に対して21,800円から30,400円へ8,600円高くなります。価格上昇の理由は、標準のiPhone 12はOLEDディスプレイですが、iPhone 11はLCDディスプレイを使用しているからでしょう。OLEDは、LCDよりも高価なパネルになるため、修理コストが高くなります。

iPhone 12 Proの修理費用はiPhone 12と同じ30,400円で、これはAppleがiPhone 11 Proで設定する価格と同じです。決して安くはありませんが、新しいiPhoneが初めて「セラミックシールド」で保護されているにもかかわらず、価格が上昇していないのはは喜ばしいことでしょう。

AppleCare+への加入で一定の修理料金に

もちろん、これらは保証対象外の価格であり、AppleCare+の保証がないことを前提としています。AppleCare+を利用すると、デバイスに関係なく、修理価格は3,700円に下がります。もちろん、AppleCare+の加入には費用がかかるため、これも考慮する必要があります。

保証対象外の「その他の修理料金」はiPhone 12 Proで59,800 円と同じ価格にとどまっていますが、標準のiPhone 12では、iPhone 11の42,800 円から47,800 円へと値上がりしています。iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxの修理の詳細はまだ公表されていませんが、来月発売される頃に、これらの価格が公開される可能性があります。

コメント