Googleのあんしん連絡先が12月1日でサポート終了

2016年にリリースされたGoogleの「Trusted Contacts」アプリ(日本版は「あんしん連絡先」)は、4周年を目前にして正式にサポートが終了するようです。このニュースは、Google Trusted Contactsアプリのウェブサイトに小さなバナーとして掲載されました。同社は、2020年12月1日からこのアプリを使用できなくなると述べていますが、幸いなことに、Googleはこのアプリを望むユーザーのために、別の選択肢を用意しています。

既にApp StoreとGoogle Playからは削除済み

あんしん連絡先は、その名前が示すように、ユーザーが一部の人を 「信頼できる」 と指定できるアプリです。あんしん連絡先を使用すると、ユーザーは安全対策として指定した相手と自分の位置情報を共有したり、緊急事態が発生した場合に指定した相手の位置情報を検索したり、携帯電話のバッテリーが切れているかなど、ユーザーのステータスを確認したりできます。

家族やグループで一緒に旅行する人たちにとってこのアプリは魅力的でしたが、Googleがこのアプリを維持するには十分ではなかったようです。あんしん連絡先のウェブサイトのメモによると、ユーザーは12月1日までアプリを使い続けることができ、それ以降は動作しなくなります

今後はリアルタイムで情報共有が可能なGoogleマップの利用が推奨される

Googleは、このタイプの位置情報ベースの共有機能を維持したいユーザーに対し、代わりにリアルタイムの位置情報共有機能を備えたGoogleマップの利用を推奨しています。マップユーザーはGoogleロケーションを使って自分の位置情報を見ることができるユーザーを選んだり、共有をいつでも停止することもできます。

Googleマップで位置情報の共有をオンにするには、プロフィール画像または名前をタップし、「現在地の共有」を選択してください。連絡先からアクセスを許可するユーザーを選択できます。また、Googleアカウントを持っていない人と、リンクをコピーしてテキストメッセージやメールでその人に送信することで、その場所を共有することもできます。

コメント