Appleが2020年前半に発表する製品はこれ!

Apple2020年前半に発表する可能性がある製品のリストを、著名アナリストであるミンチー・クオ氏が発表しました。発表の中には、新型iPhoneやiPad Proだけでなく、紛失防止タグやワイヤレス充電マットも含まれています。

紛失防止タグ「AirTag」

クオ氏は2020年前半にUWB(近距離高速通信)を用いた紛失防止タグが登場すると予想しました。このタグは「AirTag」という名前で呼ばれています。AirTagはAppleが提供するサービス「Find My」を用いて、近距離にあるほとんどのものを追跡できる小型デバイス(恐らくキーチェインかカードタイプ)になるようです。

AppleのデバイスはiPhoneだけでなく、AirPodsまでも紛失したときに追跡できることが知られています。AirTagの登場は、Apple製品と他メーカーの製品を組み合わせることの示唆だと言えるでしょう。Appleは完全なエコシステムを目指しているのかもしれません。

ハイエンドヘッドホンとワイヤレス充電マット

ハイエンドヘッドホンとワイヤレス充電マットについて、クオ氏は詳しく発表しませんでした。

しかし、ハイエンドヘッドホンはBluetoothに対応するようです。AppleはすでにAirPodsやAirPods Proでワイヤレスイヤホン市場を支配しています。そのため、今回発表されたヘッドホンはBeatsシリーズをリファインした製品かもしれません。

また、ワイヤレス充電マットは、昨年開発が中止になったAirPowerの代替機の可能性があります。

新型iPhone 、iPad Pro、MacBook

Appleのメインデバイスでは、新型のiPhone やiPad Pro、MacBookについて述べています。

新型のiPhoneは3月に発売されると言われているiPhone9(あるいはiPhone SE 2)です。4.7インチのディスプレイが搭載されており、価格は399ドル(約4万3000円)からと発表されています。

新型iPad Proは3Dスキャナーが搭載されたトリプルカメラを備えるようで、こちらは3月に発表されるようです。また、新型MacBookは、ProかAirかどうかは不明ですが、シザースイッチベースのMagic Keyboardの搭載を予定しています。

Xデーは3月!

アナリストのミンチー・クオ氏は、Apple製品の予想に関してかなりの的中率を誇っています(過去にはiPhone 11の性能を当てました)。iPhone9(iPhone SE 2)の発売と新型iPad Proの発表が3月だと考えると、Appleは3月に大きなイベントを開催しそうです。Appleの公式アナウンスを待ちたいと思います。

コメント