サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Z Flip」。折りたたみブームに新風をもたらすか?

サムスン新型折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip」の性能やデザインが大々的にリークされました。Galaxy Z Flipは2/11にサムスンが開催する「Galaxy UNPACKED 2020」で正式に発表されると言われています。

折りたたみタイプのスマートフォンはサムスンだけでなく、HuaweiやXiaomi、Motorolaなどのメーカーが力を入れており、密かにブームが来ています。

2つのディスプレイを搭載したGalaxy Z Flip

矢印部分にうっすらとディスプレイが

Galaxy Z Flipの最も特徴的な部分はガラケーのように折りたためることですが、2つのディスプレイが搭載されていることにも着目しなければいけません。

メインディスプレイにはサムスン独自の「Infinity-O」ディスプレイを採用しており、サイズは6.7インチです。また、パンチホール型になっていて、中央にカメラ用の穴が確認できます。解像度は2636×1080ピクセルと高密度になっており、画面ロック時にも時間や通知などを確認できる「Always On Display」機能を備えているようです。

サブディスプレイは外側に配置され、サイズは1.06インチ、300×116ピクセルの高密度ディスプレイになっています。こちらのディスプレイも「Always On Display」機能を備えており、ゴリラガラス6でカバーされています。

折りたためるスマートフォンということなのでサイズが気になりますが、開いた状態では17.3ミリ、閉じた状態だと7.2ミリでお札の縦幅と同じくらいのようです。コンパクトなデザインは持ち運びに便利だけではなく、女性の手にも収まると思います。

Galaxy Z Flipは十分な性能

カラーラインナップはブラックのとパープル。女性的なデザインに見える

搭載されるプロセッサはQualcommのSnapdragon855+8GMのRAMと256GBのストレージを搭載しています。接続端子はUSB Type-Cで、Bluetooth5.0をサポートしています。5Gは対応しない見通しですが、Wi-Fi 6には対応しています。ハイエンドモデルではありませんが、発売されている他のフラッグシップモデルにも引けを取らない性能です。

バッテリーは3,300mAhで最大15Wの急速充電ができるようです。ワイヤレス充電のQi規格にも対応しており、最大9Wの出力で充電が可能ですが、一般的な出力は15Wなので少々物足りないと感じます。

デバイスの背面には1,200万画素のカメラが搭載されるようです。また、側面には指紋認証スキャナーが設置されており、親指でロックの解除を想定しているかもしれません。センサー類は以下にまとめておきます。

Galaxy Z Flip搭載センサー

  • 加速度計
  • 気圧計
  • コンパス
  • 輝度センサー
  • 近接検出センサー
  • 指紋センサー
  • ジャイロスコープ

豪華なバレンタインデーに

特徴的な折りたたみ機構とフラッグシップに負けないスペックを持つGalaxy Z Flip。サムスンが開催するイベントで正式発表後、2/14に発売されると言われており、価格は1400ドル(約15万3000円)のようです。バレンタインデーのプレゼントとしてはかなり高い気がしますが、魅力的なのは間違いありません。

コメント