iOS14のアップデートはすぐに行わない方が良い?その理由とは

Appleは今週、iOS 14とiPadOS 14のリリース日を発表しました。新しい 「Apple Watch」 「Apple Watch SE」 「iPad」 「iPad Air」 、新しい 「Apple One」 サブスクリプションが明らかにされたAppleのイベントの翌日であり、日本時間でも2020年9月17日現在、Appleのモバイル・ソフトウェアの最新版iOS 14をiPhoneにダウンロードが行えます。しかし、少なくとも今すぐにはそうすべきではないかもしれません。

アプリが対応していない可能性

iOS 13がリリースされたとき、非常に短い期間でメンテナンスや問題修正のための大量のアップデートがありました。この時もすぐにダウンロードするのではなく、iOS 13のリリース後1〜2週間待っていたなら、ダウンロードボタンを一度押すだけで済みました。

また、今週iOS 14のダウンロードを検討しているのなら、待たなければならない理由がもう1つあります。Appleはほとんどの開発者に対して、iOS 14のリリースまで1日しか猶予がない状態で通知しています。iOS 14がリリースされる時点と、アプリがすべてのデバイスでiOS 14に対応される時点との間には大きなギャップがあるかもしれません。

数日の間は様子見ムード

だからといって、iOS 14にアップデートした途端にすべてが機能しなくなるわけではありません。ただ、100%の機能を実現できない可能性があるということです。1週間、あるいはほんの数日待つだけでもトラブルを回避できるでしょう。

iOS 14を一刻も早くダウンロードしなければならないのであれば、重要な情報をすべてバックアップし、写真やビデオをすべてアップロードまたはダウンロードしておきましょう。iOS 14をダウンロードするには、iPhoneの「設定」を開き、下にスクロールし、 「一般」 をタップし、 「ソフトウェア・アップデート」 をタップして行えます。

One Comment

コメント