ついに発表!Apple Watch 6は重要な付属品なしでの発売

日本時間で本日深夜に行われたイベントの目玉であるApple Watch Series 6が発表されました。Appleはこのスマートウォッチの新機能とハードウェアについて多くの時間をかけていましたが、意外な発表もありました。Appleは、電子機器の無駄を削減するための取り組みとして、Apple Watch Series 6は同梱されているかなり重要な付属品、ACアダプターなしで出荷されると述べています。

充電器なしでの発売は環境保護への取り組み

このニュースは、今日Apple Watch Series 6の価格発表の直後に伝えられたもので、より環境に配慮したAppleの取り組みに関する大きなセグメントの一部でした。同社は2030年までにカーボンニュートラル100%を達成すると予測しており、Apple Watch Series 6に関するApple Newsroomの投稿には、「タプティックエンジンに100%リサイクルされた希土類元素、製品全体でほぼ100%リサイクルされたタングステン、アルミニウムモデルに100%リサイクルされたケース 」など、新しいスマートウォッチには多くのリサイクル素材が使用されているとする脚注を見ることができます。

その脚注は、「Appleはまた、Apple Watch Series 6のパッケージから電子廃棄物になる可能性のあるACアダプタを取り除き、Apple Watchの製造パートナーが再生可能エネルギーに移行するのを支援することで、環境保護にも取り組んでいる。」と続けています。

不便だが、充電器を個別に購入することも可能

Appleは、Apple Watch Series 6の購入者に対して、手持ちで充電する何らかの方法を用意しておくことを期待しているようです。実際、最初のLightningベースのAppleデバイスとしてApple Watch Series 6を購入する可能性は低いかもしれませんが、充電器を同梱しないのはユーザーにとって不便でしょう。

もちろん、Appleは充電器を個別に販売しているので、Apple Watch Series 6を手に入れて、それに合わせて充電器が必要だとわかった場合でも、購入することができます。しかし、スマートデバイスに充電器が同梱されて出荷されることに慣れている人にとっては、これは必ずしも理想的ではありません。充電器が同梱されないことについて気にならないようであれば、今週後半にはApple Watch Series 6を399ドル(日本販売価格42,800円)から購入できます。

コメント