新型iMacデザインがリーク。1枚のガラスから作られたボディ

新型iMacのデザインと思われるものが、Appleが提出した特許出願の書類より判明しました。1枚のガラス板でできたデザインになっており、今まで発売されてきたiMacとは大きく異なります。

大きなガラス板がカーブしているボディデザイン

特許出願で判明したiMacのデザインは、大きなガラス板が下部に向かってカーブしています。ユーザーはキーボードやマウスなどの周辺機器を下部に置くことができるようです。また、それらの周辺機器がガラス板に組み込まれる可能性も示唆されています。

明らかに最初のデザインでは自立することができないため、ボディの後ろにスタンドが付いているデザインも判明しています。このスタンドにはiMacのポートや電源装置などを収納できるようです。

さらに、MacBookのキーボードを差し込んで動作するタイプのデザインや、下部を折りたたんだ運搬しやすいデザインなども判明しています。

どうやって折り曲げるのかが気になるところ

Appleの特許申請は1枚のガラス板を使用したさまざまなデザインについて触れています。そのため、Appleがこのデザインについて協議を重ねていたことは明らかです。

あくまで特許申請

特許の申請が行われたからといって、必ず製品化されるとは限りません。実際、Appleは今まで多数の特許申請を行っていますが、製品化されたのはごく一部です。しかし、Appleの舞台裏を見ることができるのは非常に興味深いと思います。ティム・クックが登壇して新型iMacを発表する日を期待したいです。

コメント