Sportifyのユーザー数はまもなく3億人:財務レポートより

Spotifyが優れた音楽ストリーミングサービスであるのは明らかですが、その人気はどれほどでしょうか。Spotifyの最新の財務レポートでは、月間アクティブユーザー数とプレミアム定期購読ユーザー数が明らかにされています。どうやらSpotifyは大きなマイルストーンに近づいているようです。

Spotifyの財務レポートの概要

Spotifyの財務レポートで明らかにされたように、Spotifyの現在の月間アクティブユーザー数は2億9900万人ですが、これはプレミアム定期購読ユーザーだけでなく、サービスを使用するすべてのユーザーをカウントしているようです。この点はご注意ください。注目すべきは前年比で29%の増加している点です。収入面での悪化はあるものの、期待を持てる成長です。

有償のプレミアムユーザーに関する限り、Spotifyは世界中で1億3,800万人のユーザー数を抱えており、前年比27%の増加です。Spotifyによると、ファミリープランや最近導入されたDuoプランなどのマルチユーザーサブスクリプションが、Premiumの成長の大きな推進力となっています。第2四半期には毎月のアクティブユーザーの21%がポッドキャストコンテンツを利用していたため、Spotifyでもポッドキャストが急成長しているようです。

COVID-19の影響もユーザー数は伸長

COVID-19のパンデミックのためにSpotifyが受けた打撃に関して、彼らにとっては再び上向きになっていると見受けられます。同社によれば、6月30日現在、「世界のSpotifyユーザーのサービス滞在時間はCOVID-19以前のレベルに回復している」とする一方、車内のストリーミング再生は、パンデミック前の10%未満に急落しています。Spotifyによると、4月のある時点では車内での音楽再生の時間は50%という途方もない減少を示したため、止むを得ない状況です。

Spotifyの計画は全てが目論見通りだったわけではありません。収益面で言えば約1億6700万ユーロ(2億663万円 2020年7月30日現在)の営業損失を計上しています。加えて、無料ユーザーから入る広告収入の約21%が減少しました。したがって、Spotifyは、月次アクティブユーザー全体とプレミアム定期購読ユーザーの両方から見られる有望な成長にもかかわらず、それより先にまだいくつかの「宿題」があるようです。とは言え、ここから何が起こるかはわかりますが、Spotifyが毎月3億人のアクティブユーザーマークに到達するのは間もなくです。

コメント