Googleカレンダーの予定作成がもっと便利になります

Googleカレンダーに新たな変更が発表されました。ユーザーはイベントリストの詳細をもっと簡単に追加できるようになります。この変更は、新しいスケジュール機能、ポップアップボックスの[説明]や[場所]などの複数のフィールドなど、昨年導入されたGoogleカレンダーのイベント作成オプションの改良に続くものです。

1つのウインドウから必要な情報の追加が可能に

Googleは米国時間2020年7月13日、Googleカレンダーの最新アップデートを 「G Suite」ブログで発表しました。Googleによるとユーザーは、添付ファイルの追加、ゲストへのアクセス権限の付与、イベントの色や表示のカスタマイズなどイベントの詳細を、[その他のオプション]を開くことなくポップアップボックスから直接追加できるようになります。

他にも、イベントのゲストと場所の追加、イベント作成者の繁閑の表示、イベントの通知のカスタマイズなど、イベントを作成する際に多くのオプションを利用できます。

新機能は自動的に追加予定

さらに、ポップアップボックスに表示されるカレンダーの「Find a Time」機能が改良され、ゲストのカレンダーがユーザーに表示されるようになりました。これらの変更により、必要な情報がすべて同じウィンドウにまとめられ、イベントの追加やカスタマイズにかかる時間が短縮されます。

Googleによると、これらの新機能はウェブ版Googleカレンダーに自動的に追加されます。7月23日から3日ほどで完全に公開される予定で、すべてのG Suiteユーザーがこの機能変更を利用できます。

コメント