声のみで注文!Googleアシスタントが音声確認機能をテスト中

TVの音声から、Amazon Echoのスピーカーがドールハウスを注文しようとした3年以上前の笑える出来事を覚えていますか?このような出来事を耳にするためか、視覚的な確認なしに大きな注文をする機能についてはあまり熱心に求められてきませんでした。しかし、一部のユーザーにとっては、それが唯一の注文方法かもしれません。Googleは現在、音声のみで購入を確認できるようにするアクセシビリティ機能をテストしています。

支払情報の入力から音声で行う試み

Googleアシスタントはユーザーの同意なしに注文や支払いをしてくれるわけではありません。ユーザーは少なくとも、最初に支払いの情報を入力する必要があります。これはモバイルアプリを介して通常の方法でしか行うことができないので、視覚や身体に障害のあるユーザーの場合は、誰かに依頼する必要があります。

Googleがこの機能をテストしているのは、まさにこのようなユーザーのためです。スマートフォンを使用して購入と支払いを確認することができないユーザーは、Googleアシスタントを使うのが最適な方法になるでしょう。スマートスピーカーにはそもそもタッチスクリーンが搭載されていないため、他のユーザーもこの機能が便利だと感じるかもしれません。

テスト段階のため実装は未定

とはいえ、最近の音声認識がまだ完璧ではないことを考えると、この機能には多少の懸念があります。これは、子供が親のアカウントを使って支払いや注文をするのを防ぐために、個々の声を識別して区別する機能にも当てはまります。

この機能はまだテスト中であり、フィードバックやパフォーマンスがあまりにも悪い場合、一般に公開されないこともあります。現時点では、Googleアシスタントを備えたスマートスピーカーとスマートディスプレイに限定されており、アプリ内購入とレストランの注文のみを確認しているようです。

コメント