シープドッグの代わりにSpotロボット

ボストンダイナミクスのBigDogロボットのよりポータブルなバージョンは、比喩的かつ文字通り犬として動き回っています。ソーシャルディスタンスを保ちリモートで作業することが単なる贅沢以上の時代になった今、Spotの機動性と汎用性のあるデザインは、人間が見えなくても世界を変革し続けるための鍵となる可能性があります。それは、ニュージーランドのロボット工学会社であるRocosが準備している未来です。Spotは、農家や牧者が今後しばらくはできないかもしれない危険な仕事をしています。

その大きくて古いBigDogロボットは主に平和的な使用を目的として設計されていませんが、Spotのより小さなフォーム、より機敏な付属物、およびより安価な部品により、さまざまなアプリケーションに理想的です。新型コロナウイルス の大流行の前でさえ、配達のために、あるいは法執行機関を支援するためにロボット「犬」を使用する計画がすでにありました。

ロボットの使用は、リモートアクセスが人々が仕事をするための安全な方法になった今日、さらに重要になっています。 Spotの自律ナビゲーションにより、不均一でなじみのない地形を克服でき、さまざまなセンサーにより、ユーザーはロボットの周囲の状況についてリアルタイムのフィードバックを得ることができます。

Rocosは、農業でSpotロボットを使用するさまざまな方法を示しています。この業界はロボットに慣れ親しんでいるわけではありませんが、Spotの使用はより「実践的な」ものであり、農産物を検査したり、羊を飼うことさえあります。所有者とオペレーターは、おそらくとてつもなく離れた場所で、安全に屋内にとどまりながらの作業が可能になります。

これは、この新型コロナウイルス のパンデミックの間にロボットが見つけた最新の役割の1つにすぎません。シンガポールでは、Spotは公園の利用者に互いに安全なソーシャルディスタンスを維持するよう促すために使用されていますが、皮肉なことに、より多くの人々を魅了する可能性があります。 Spotは、ボストンの病院でも使用されており、医療従事者が患者とコミュニケーションをとり、安全な距離で薬を届けることができます。

コメント