まるで黒いAirPods、HTCの完全ワイヤレスイヤホン「U Ear」

AirPodsを模倣するイヤホンは今までにも存在していましたが、黒いAirPods登場?と思ってしまうイヤフォンが、台湾のスマートフォンメーカーHTCから発売されるようです。

HTCと言えば、世界初のAndroidスマートフォンを世に出すなど、かつてスマートフォン市場で大きな存在を誇っていました。しかし、競争が激化するスマートフォン市場を牽引し続けることができず、同社のスマートフォン事業は低迷を続け、2017年に同社のスマートフォン開発部門の一部をGoogleに売却しました。2019年に就任した新CEOは、同社が市場の革新に失敗したことを認めた上で、プレミアムフォンの製造に戻ると約束しました。

それから半年が経ち、HTCのVive VRプラットフォームが軌道に乗ろうとしている間も、プレミアムフォンをリリースするという約束は実現していません。HTCの新製品に関していくつかの噂がありましたが、そのほとんどが噂で終わっています。そして、今回新たに流れた噂が「U Ear」完全ワイヤレスイヤホンです。

見た目はほぼ黒いAirPodsのU Earですが、もちろんAirPodsとの相違点もあります。まず、ケースはハンバーガーが入っている箱の様に開き、そこにイヤホンを横向きに収納します。イヤホンの充電ピンは、ステムと呼ばれる軸の部分の底面ではなく、側面に位置しています。

U Earの発売時期などは不明ですが、情報元のfonearenaによると、U Earの画像は、台湾において通信機器を有する製品を発売する際に必要とされる認証であるNCCのウェブサイト上に公開された情報だということで、発売は確実とみられています。確かに、黒色のAirPodsを求める声はありましたが、オリジナリティやイノベーションを追求する姿勢に欠けると言えるU Earに、古きよきHTCを知るファンは失望を感じてしまうかもしれません。

コメント