Twitterのコメント付きRTの変更箇所とは?

ソーシャルメディアは多くの人にとって、これまでのメディアに取って代わるような主要な情報源へと、良くも悪くも急速に成長しました。残念なことに、成長に素早く適応することができず、フェイクニュースのチャンネルとして責任を問われる事態も起きています。そのような状況の中、Twitterでは、ユーザーが自分のツイートやその周りで形成される議論をよりコントロールできるように、ゆっくりと時代に合わせて変化してきました。今回紹介の変更箇所とは、コメント付きリツイートを、ツイート下にあるリツイート件数が表示されているページから確認できるというものです。

リツイートページをコメントの有無で2つのページへ分割

Twitterは長い間、ユーザーがリツイートする際に自分の考えをコメントできるようにしています。これは、既存のコメントスレッドには追加せずに、別のディスカッションを作成しています。これまでのところ、コメント付きリツイートは、リツイートした人のリストには表示されず、元のツイートのURLで検索しないと表示されませんでした。

そこでTwitterは、リツイートページを2つのタブに分割することで、この状況を変えました。これで、コメントを付けて投稿をリツイートした人とコメントを付けなかった人を確認できます。それだけでなく、両方の種類のリツイートが合計リツイート数にカウントされます。

現在はiOSでのみの対応

これは、Twitterが140文字の短い投稿を超えた役割を果たすために展開またはテストしている最新の変更です。アメリカなど諸外国では文字数制限を撤廃しており、Twitterはコメントの処理方法や表示方法の改善にも取り組んでいます。

この新しいコメント付きリツイートビューは、iOSのTwitterアプリに展開されています。iOS以外のすべてのユーザーに完全に到達するには時間がかかるかもしれませんが、Twitterは、WebビューとAndroidも間もなく続くと約束しています。

コメント