ESOの天文学者が地球から僅か1000光年のブラックホールを発見

欧州南天天文台(ESO)や他の研究所の天文学者のグループが、地球からわずか1000光年のところにあるブラックホールを発見しました。距離は広大ですが、新しいブラックホールは、これまでに見つかった他のどのブラックホールよりも太陽系に近くなっています。ブラックホールは、肉眼で見ることができるトリプルシステム(3連星構成)の一部を形成します。

天文学者たちは、チリのラシージャ天文台にあるMPG / ESO 2.2メートル望遠鏡を使用して、2つの伴星を追跡することにより、ブラックホールの証拠を発見しました。科学者たちは、これが肉眼で見ることができるブラックホールを備えた最初の恒星系であることを知ったとき、「完全に驚きました」と。チームは、星は南半球から暗くて澄んだ夜に双眼鏡や望遠鏡なしで見ることができると言います。

このシステムはHR 6819と呼ばれ、最初はダブルスターシステムの研究の一部として観察されました。彼らは後にHR 6819システムで発見されていない3番目のボディ、ブラックホールを発見しました。 FEROSスペクトログラフで行われた観察は、2つの目に見える星の1つが40日ごとに見えない物体を周回していることを示しています。

チームは、第2の星が内側のペアから遠く離れて周回していると言います。チームによると、システムに隠されたブラックホールは、環境と激しく相互作用しない最初に発見された恒星質量ブラックホールの1つであるとのことです。環境との相互作用がないため、ブラックホールは真にブラックに見えます。その質量は、内側のペアの星の軌道を調べることによって計算されました。

天文学者はこれまで銀河に数十のブラックホールを発見しており、ほぼすべてが環境と強く相互作用して、X線を放出することでその存在を知らせています。チームは、この新しくサイレントで目に見えないブラックホールの発見が、科学者が天の川銀河の他の隠されたブラックホールを見つけるのに役立つ可能性がある手掛かりを提供できると信じています。

コメント