科学者は褐色矮星を横切る縞模様の雲を発見

天文学者たちは、褐色矮星として知られている星の表面に興味深いものを検出しました。天文学者のチームは、褐色矮星の表面を横切って縞になる雲の帯のように見えるものを特定したのです。これらの雲バンドは、木星の表面を縞模様にする雲に似ていると言われ、偏光測定と呼ばれる技術を使用して発見されました。

この技術は、サングラスが太陽光のまぶしさをブロックするのと同じ方法で機能すると言われています。研究者の1人であるロバートAミリカン氏は、偏光測定機器を「天文学者の偏光サングラス」と考えていると言います。彼は、眩しさをブロックしようとするのではなく、天文学者はそれを測定したいと言います。

褐色矮星の雲の帯の形跡は以前に見られましたが、この発見は、偏光測定技術を使用して推測された初めての雲の特徴を表しています。研究で観測された天文学者が褐色矮星は、ルーマン16Aと呼ばれます。これは、太陽系に最も近い既知のバイナリの褐色矮星システムを表すバイナリペアの一部です。このシステムは、太陽系から6.5光年離れています。

NASAスパイサー宇宙望遠鏡で行われた以前の観測では、他の3つの褐色矮星に雲の帯状の兆候が見られました。そして、以前の研究では、ルーマン16Bと呼ばれるルーマン16Aのパートナーの褐色矮星に関する大きな雲のパッチの存在が推測されました。これまでのすべての測定では、偏光を測定するのではなく、オブジェクトの明るさが時間とともにどのように変化するかを調べました。

新しい調査では、VLTのNaCo機器調査を使用して、両方のルーマン褐色矮星からの偏光を調べました。研究者たちは、褐色矮星自体をイメージすることはできないと述べています。彼らの測定値は、高度な大気モデリングを使用して雲バンドの存在を推測できる、偏光の量なのだそうです。彼らは褐色矮星の周りを回転している雲の帯の数を正確に特定することはできませんが、彼らのモデルは2つを示唆しています。

ウィキペディアより:褐色矮星とは、その質量が木星型惑星より大きく、赤色矮星より小さな超低質量天体の分類である。軽水素 (1H) の核融合を起こすには質量が小さすぎるために恒星になることができない亜恒星天体の分類の一つである。)

コメント