NASAのOSIRIS-RExが小惑星サンプリングミッションの練習を無事完了

NASAは、OSIRIS-REx宇宙船が最初の「チェックポイント」リハーサルを成功裏に完了したことを発表しました。リハーサルミッションが正常に完了すると、宇宙船はベンヌと呼ばれる小惑星に着陸するのに一歩近づきます。ミッションの最初の練習ミッションは先週行われました。

練習ミッションでは、宇宙船がナイチンゲールの上およそ75メートルの高度に達してから、小惑星を離れるために実行しました。ナイチンゲールとは宇宙船の主要なサンプル収集場所の名前であり、小惑星の北半球のクレーター内にあります。チェックポイントのリハーサルは4時間のミッションで、サンプリングシーケンスは全部で4の工程があり、最初の2つの操縦を宇宙船にて行いました。

これらの最初の2つの操作は、軌道出発燃焼とチェックポイント燃焼でした。チェックポイントは、宇宙船がその軌道を3番目のイベントの操作の場所に向けて調整する前にその位置と速度をチェックする場所であるため、このように呼ばれています。チェックポイント操作は、ベンヌの地表からおよそ125メートルの高度で行われました。その後、宇宙船はさらに9分間、マッチポイント燃焼として知られる3番目の操縦の場所に到達するまでの軌道を上りました。

宇宙船が小惑星の表面に最も近い約75メートルに達したとき、リハーサルを完了するために後退燃焼が行われました。テスト中、宇宙船は、サンプリングアームであるタッチアンドゴーサンプル取得メカニズムを、折りたたまれたパーキング位置からサンプルコレクション構成に正常に配置することができました。一部の機器は、科学と航法の画像を収集し、実際のサンプル収集中に発生するイベントであるサンプルサイトのスペクトル観測を行うこともできました。

ミッションは、OSIRIS-REx Natural Feature Trackingガイダンスシステムが、小惑星の地表に向かって下降するときの小惑星に対する宇宙船の位置と速度を正確に推定できたことをチームに確認することができました。宇宙船は、8月25日にサンプルを収集するために小惑星の表面に移動する予定です。サンプルは2023年9月24日に地球に戻ると予想されています。

コメント