NASAは月面生活のコンセプトに関する詳細を発表

NASAは2024年までに宇宙飛行士を月面に送る計画を立てています。ミッションが計画どおりに進んだ場合、1960年代以来初となる、人間が地球以外の別の惑星を歩く事になります。 2024年に人類が月に移動する前に、長期的に持続可能な存在をサポートするインフラを整備する必要があります。アルテミスプログラムは、人類がこれまでにない方法で月を探索し、将来、火星への乗組員の任務に備えるのを助けることを可能にします。

NASAは、アルテミスの月のミッションは、人類初の火星へ行くミッションに必要な要素を実証することになると述べています。月面では、ミッションの中心的な要素は機動性であり、宇宙飛行士が月を探索し、より多くの科学実験を行うことができます。宇宙飛行士は月面地形車両(LTV)を使用して、着陸ゾーンの周りを移動します。居住可能なモビリティプラットフォームでは、乗組員は最大45日間続く月を旅することができます。

月面の地表の住居には、短い地表の滞在で最大4人の乗組員を収容できます。月面にいる間、資源利用と電力システムの技術を開発しています。ミッションのローバーには、酸素や水などの資源の利用の可能性と抽出を生成する機器の情報も含まれています。

酸素と水を抽出する方法を見つけることは、地元の材料から燃料、飲料水、および酸素の生産を可能にすることができます。これらの材料を作成できることで、持続可能なサービス運用が可能になり、地球からの供給ニーズが減少します。この計画では、月軌道にゲートウェイも必要です。その周回する前哨基地は、地上探検の指揮統制センターとして、また宇宙飛行士のためのオフィスや家として機能します。

NASAは、月のゲートウェイの居住機能と関連する生命維持システムが時間の経過とともに強化されることを計画しています。全体的な目標は、長期の深宇宙ミッションで月周辺の機能をテストすることです。宇宙機関は特に、月を周回するゲートウェイに移動し、数か月前哨基地に住んで、火星への往復の旅をシミュレートする4人の乗組員を想定しています。

コメント