本物のように色を変えられるカメレオン型ロボットを韓国の研究チームが開発

カメレオンは、目がさまざまな方向に動くなど奇妙な特性を持つ爬虫類ですが、その中でも最も有名な特性といえば、周囲の環境に合わせて体の色を変化させることでしょう。この特性を再現したロボットが、韓国の研究チームによって開発されました。

韓国・ソウル大学校の研究チームは、カメレオンのような見た目を持ち、地面を這って移動し、必要に応じて表面の色を変えることができる、カメレオン型ロボットを制作しました。このロボットには、背景の色に自動的に合わせることができる人工的な電子皮膚が与えられています。このように、環境に応じて色やパターンを変化させるロボットは、世界でもまだほとんど作られていません。

韓国が開発したカメレオン型ロボット

電子皮膚には、分子の配列を変えることで任意の色を作り出すことができる液晶インクの釉薬が使われています。液晶インクに含まれる粒子は、大きならせん構造に組み立てると、さまざまな色の光を反射することができます。その構造の大きさによって皮膚の色が決まり、大きくすると赤に近く、小さくすると青に近くなります。

また、色を変えるだけでなく、周囲の環境に溶け込むよう、模様を表現することもできます。この模様は、ドット、ストライプ、渦巻きなど、あらかじめパターンがプログラムされており、周囲の環境に近いものを自動的に表示します。温度に応じて色が変わる液晶の特性を利用し、ヒーターによって模様の表示を可能にしています。

韓国が開発したカメレオン型ロボット

研究チームの代表者であるSukjoon Hong氏は、背景を完全に再現する必要はないと語ります。皮膚の模様がある程度複雑であれば、カモフラージュとしては十分であるとのこと。ロボットの腹部には10個のカラーセンサーが搭載されており、背景の色の変化を検知すると、0.5秒以内に皮膚の色を合わせることができるとされています。

この技術は、軍事用のカモフラージュなどに応用される可能性もあります。ファッションデザイナーであれば、周囲の環境に応じて色を変えることができる服を作ろうとするかもしれません。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント