NASAのWFIRST宇宙望遠鏡の名称を一新

NASAは、現在開発中の次世代宇宙望遠鏡の名前を変更したことを発表しました。望遠鏡は広視野赤外線調査望遠鏡またはWFIRSTと呼ばれていました。この望遠鏡は、NASAの最初の主任天文学者であるNancy Grace Roman氏を記念して名前が変更されています。Roman氏は、より広い宇宙に焦点を当てた宇宙望遠鏡への道を開きました。

新しい名前は、Nancy Grace Roman宇宙望遠鏡または略してRoman宇宙望遠鏡です。この望遠鏡は、長年の天文学の謎を調査するために2020年代半ばに発射されます。それらの謎の中には、宇宙の拡大と私たちの太陽系を超えた遠方の惑星の探査の背後にある力があります。Roman氏は、30年前に打ち上げられた象徴的なハッブル宇宙望遠鏡の「母」であると考えられています。

NASAは、彼女が科学者が宇宙からより広い宇宙を研究することを可能にする新しいツールの「飽くなき代弁者」であったと言います。Nancy Grace Roman氏は2018年に他界し、「途方もない遺産」を残しました。 NASAの管理者であるJim Bridenstine氏は、NASAが宇宙物理学のパイオニアになり、ハッブルを打ち上げたのは、Nancy Grace Romanのリーダーシップとビジョンにあると語っています。

当局はまた、望遠鏡の名前を変更すると女性の科学における業績が認められ、「私たち人類を隠された銀河に一歩近づけた」と述べています。Nancy Grace Roman氏は、テネシー州ナッシュビルで1925年5月16日に生まれました。彼女は1946年にスワースモアで天文学の学士号を取得し、1949年にシカゴ大学で博士号を取得しました。Roman氏は、1959年にNASAが設立されてからわずか6か月後よりNASAでキャリアを始めました。

彼女はOffice of Space Scienceで天文学と相対性の責任者を務め、天文学関連のプログラムと助成金を管理しました。興味深いことに、当時からNASAの男性は彼女を平等に扱っていたそう。

コメント