ミツバチが植物の葉にダメージを与え、開花を促す事を発見

ミツバチは、植物や花の成長を助ける受粉プロセスにおいて、重要な役割を果たしています。スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)の科学者たちは、花粉が不足しているときにミツバチが植物の葉にダメージを与え、開花を促すという興味深い方法を示しました。研究者たちは、ミツバチの働きバチがまだ開花していない植物の葉を、口で刺していることを発見しました。そして、その結果生じたダメージは、ミツバチがまだ開花していない植物の葉を傷つけるよりも早く、花の生産を刺激することを発見しました。

ミツバチが植物を攻撃していたワケ

研究者たちは、これまでの研究によって、さまざまな種類のストレスが植物の開花を誘発させることができると発表していました。しかし、ミツバチによるダメージが開花促進に及ぼす役割は予想外でした。研究者たちによると、他の科学者たちもこのような行動を観察していましたが、ハチが何をしているのかを調べた研究者はいませんでした。

研究室の研究に基づいて、科学者たちは、ミツバチが植物に与えたダメージが、得られる花粉の量と強い相関関係があることを示すことができました。ミツバチは対象の植物に花粉がほとんどないか、全くないときに葉をより頻繁にダメージを与えたそうです。科学者たちはまた、ミツバチが与えたダメージが、2つの異なる植物の開花時期に大きな影響を与えたことを発見しました。

研究により、開花を早める事が確認される

ハチがトマトの葉にダメージを与えると、ダメージを受けていないトマトよりも30日早く開花しました。マスタードの植物はハチが葉を傷つけた後、約14日早く開花しました。研究によると、ミツバチに噛まれたときの植物の発育段階も、開花を早める度合いに影響することが示唆されています。研究者たちは将来その研究を調査する計画です。

野生の花でいっぱいの屋上庭園を刈り取ったとき、ミツバチはより自然な状態で観察されました。実験では、花粉の供給が不十分で空腹のミツバチが、開花していない植物の葉を頻繁に傷つけていることを発見しました。花粉の供給量が増えると、ミツバチの攻撃は減少したそうです。

コメント