太陽系外惑星の捜索に、惑星の色を読み取る装置を開発

米ニューヨーク州コーネル大学の天文学者が、環境カラーデコーダと呼ぶ実用的なモデルを開発しました。この実用モデルは、居住可能な可能性のある太陽系外惑星の探索に役立つ気候の手がかりを見つけるために設計されています。天文学者たちは、遠く離れた太陽系の居住可能な地域にある惑星の表面の違いが、外惑星の気候にどのような影響を与えるかを調べました

色でわかる惑星の環境

研究チームによると、惑星の表面で反射された光は、気候全体や、地球に似た惑星の検出可能なスペクトルにも影響を与えています。科学者は惑星の表面の色の詳細を組み合わせ、その天体からの光で気候を計算しました。研究チームによると、岩石でできた黒い玄武岩の惑星は光をよく吸収し、非常に高温になるという。

しかし、砂や雲が加わると、その惑星は冷えるそうです。一方、植物が生えていると、赤みがかった惑星では、表面が太陽光を反射するために、気温が低くなります。惑星の色は、その恒星から放出されるエネルギーの一部を緩和することができるそうです。

より詳細な惑星の状況を確認することができる

太陽系外惑星の表面をどのように構成しているか、惑星の周りにどれだけの雲があるか、太陽の色は、惑星の気候を大きく変えることができる。科学者たちが期待しているのは、地球上にある超大型望遠鏡のように、気候予測のカタログをテストするためのデータ収集を可能にする機器がオンラインで登場することです。

天文学者は、太陽系外惑星の表面の色とそれに当たる光には重要な相互作用があるという。これらの効果は、地球外生命体を探す科学者を手助けになると言う事です。

コメント