NASAのジェームズウェッブ宇宙望遠鏡がハイテク折り紙になる

最先端の宇宙望遠鏡が、宇宙へ行く為のロケットよりも大きすぎると判明した場合はどうしますか?問​​題の機器がジェームズウェッブ宇宙望遠鏡である場合、NASAはそれを技術折り紙のようにして、折り紙を折るように予定されているアリアン5ロケットに折りたたむことができるようにしたのです。

これはこれまでに開発された最大かつ最も複雑な宇宙望遠鏡であり、開いたとき、その巨大な日よけは20メートル×14メートル以上の大きさになります。 NASAは2019年8月に組み立てを完了し、それ以来ミラーと科学機器のテストを行っています。

ウェッブは実際には2つの主要な部分で構成されています。一方には、望遠鏡自体があります。これは、遠方の銀河に向けることができる円錐形のアセンブリです。その光学望遠鏡要素は、約130cmの六角形ミラーセグメント18個で構成され、それぞれがベリリウムで作られ、金でメッキされています。それらは組み合わさって、約6.5メートルの直径のミラーを形成します。これは、ハッブル宇宙望遠鏡よりも大幅に大きくなります。

ただし、赤外線スペクトルを適切に観測するには、冷たく保つ必要があります。そこで、2番目の部分、巨大な日よけを使用してマイナス223℃以下に保つことができます。5層のレイヤーでできていて、その5つの層はそれぞれ人間の髪の毛と同じくらいに薄く、アルミニウムとシリコンのコーティングが施されたポリアミドフィルムから作られています。

アリアン5ロケットに押し込むには、日よけは合計12回折りたたむ必要があります。これにより、Webb望遠鏡は、蝶のサナギのように、4.5メートル×16メートルのペイロードフェアリングに収まるものになります。

ここまでの道のりは簡単ではありませんでした。エンジニアたちは繊細な日よけの問題に打ち当たり、それがプロジェクトを遅らせました。そして、以前のコストオーバーランはそれを政治界で議論の的にしました。宇宙空間に入ると、EarthSun L2ラグランジュポイントの近くに配置され、計測器を低温に保つのにも役立ちます。 5年間持続するように設計されていますが、目標は少なくとも10であり、ビッグバンの後に形成された宇宙の最初の星の光について、これまでにない洞察を天文学者に提供される事でしょう。

また、銀河がどのように形成され進化するか、また星や惑星系がどのようにして生まれ、そしてなくなっていくかについても研究します。設計者たちは、その近赤外線の光景が、生命の起源や、条件が生命の形成に貢献するかもしれない他の惑星の特定に役立つことを望んでいます。それでも、それは危険なプロジェクトであり、地球上のチームはWebbが離陸する前に完全に正しくする必要があります。望遠鏡は一度宇宙に打ち上げられれば、何かがうまくいかない場合、修理または交換できません。

コメント