試験にトントン勝つために食べるトンカツ:飽和脂肪酸の摂取が逆効果だと言う事が証明される

私たちが普段、食事として摂取するものが、生活のエネルギーから勉強やスポーツの集中力まで、私たちの生活に非常に大きな影響を与えることは周知の事実です。たいていの人は、精神的な影響について、砂糖とカフェインを思い浮かべますが、飽和脂肪酸精神に大きな影響を与えることがわかっています。米オハイオ州立大学の最近の研究によると、飽和脂肪酸を多く含む「たった」1回の食事が、集中力に大きな影響を与える事が明らかになりました。

たった1度の食事でも明らかなパフォーマンスダウン

飽和脂肪酸は、肉、バター、乳製品などの動物性食品に多く含まれる脂肪酸ですが、ココナッツオイルなどの植物性食品にも含まれています。この脂肪酸は、低脂肪食を摂っている人や、脂肪の量を気にせず欧米の一般的な、いわゆる洋食を摂っている人は、高濃度で摂取されます

この新しい研究では、2つのグループに分けた被験者にテストを受けてから、再テストを受ける前に食事をするよう指示しました。1つのグループは、飽和脂肪酸の高い食事を与えられ、もう1つのグループは、不飽和脂肪酸の多い食事を与えられました。食事を食べた後、飽和脂肪酸の多い食事を与えられたグループは、不飽和脂肪酸を与えられたグループよりもパフォーマンスが悪いことがわかりました

勝負の前にまず避けなければならないのは、ファストフード

この研究の主著者であるAnnelise Madison氏は、「たった」1回の食事が集中力レベルに顕著な影響を与える可能性があることを「驚くべきこと」と述べている。この研究の場合、高脂肪食は卵、七面鳥ソーセージ、ビスケット、肉汁を含むもので、後者の成分は参加者によって飽和脂肪か不飽和脂肪のいずれかを含まれています。

研究者らによると、前途の試験食は、ハンバーガーやフライドポテトといった一般的なファストフード店で食べられるようなものを参考に作られました。そして、2回目のパフォーマンステストは、参加者が食事を食べた5時間後に実施しました。数日後、同じ被験者が反対の食事をとり、パフォーマンスを再度テストしたところ、飽和脂肪酸は注意力と集中力が低下していることがわかりました

コメント