Nintendo Switch システムアップデート10.0.0には待望の機能が満載

この数週間は、ゲーム業界全体も言うまでもなく状況に適応しようと皆が慌ただしく、一丸となっていたことでしょう。常により多くのゲームが歓迎されていますが、ゲームコンソール自体が新しい機能や修正を必要とする場合があります。 Nintendo Switchの最新のシステムアップデートバージョン10.0.0は、ついに、Joy-Conのボタンをユーザーの好みに合わせて構成する機能が追加されました。

多くの場合、コントローラーはすべてのゲーマーに最高のエクスペリエンスを提供するように注意深く設計されていますが、個人の好みや能力を実際に考慮することはできません。他のコンソールまたはコントローラーには、ユーザーがどのボタンで何を実行するかを変更できるツールがあり、Nintendo Switcも同様に変更できるようになります。ただし、任天堂は、再マッピングは公式のJoy-Con、Nintendo Switch Proコントローラー、Switch Liteでのみ機能することと注意しています。

この更新で導入されたもう1つの大きな機能は、ソフトウェアデータをシステムメモリとSDカードの間で行き来させる機能です。これにより、特にカードを交換するときに、ソフトウェア管理が少し簡単になります。 ただし、1つ欠点があり、セーブデータと一部の更新データは行き来させる事はできないということです。

その他の新機能には、ニュースのブックマークシステムがあり、最大300のお気に入りのアイテムをブックマークできます。少なくともサイトから消されない限り、ブックマークからも削除されません。 あつまれ どうぶつの森の大成功を記念して、このアップデートでは、ゲームから使用できる6つの新しいアイコンも追加されています。

システムアップデートとして、バージョン10.0.0はバックグラウンドでNintendo Switchに自動的にダウンロードされますが、手動でアップデートをトリガーすることもできます。これはかなり大きなアップデートなので、ダウンロード中は安定したWi-Fi接続を維持する必要があります。

コメント