ジープ「ラングラー」の安全性をテストした結果、驚きの評価に

先日、IIHS(米国道路安全保険協会)が2019~2020年に発売されたジープ「ラングラー(Wrangler)」の 4ドアモデルの衝突テストを実施したところ、意外な結果が出ました。運転席側の「スモールオーバーラップ」と呼ばれるこのテストにおいて、ラングラーはテストバリアに衝突した後、助手席側(右側)に横転。わずかな評価しか得ることができませんでした。運転席側スモールオーバーラップ衝突試験を 3回実施した結果です。

3回のうち、1つは IIHS検証試験プログラムの一環としてフィアット・クライスラー(ジープの親会社)が実施したもので、残りの2つは IIHS車両研究センターが実施したもの。後者のIIHS実施の試験において、ラングラーはテストバリアに衝突した後、2回とも助手席側に横転してしまいました。オーナーにとっての朗報は、通常の基準(運転席の傷害値)で見れば良好な結果を示したことでしょう。

運転席のスペースは十分に確保されており、ダミー人形の動きも十分に制御されていたとのこと。しかし、車両の横転は、測定基準以上の傷害リスクが増すという理由から、正面衝突の結果としては許容できないとしています。その結果、車両の総合評価は4段階の3番目「マージナル(可)」に引き下げられました。

運転席の安全性は一定程度確保されているという評価が出たものの、車両が横転するという予想外の結果に関係者は驚いたに違いない。

ラングラーの場合、一般的な乗用車と違って取り外し可能なルーフとドアを備えており、乗員を車内に保持するために展開するサイドカーテンエアバッグも装備されていないため、今回の発見は特に重要な意味を持っています。サイドカーテンエアバッグの装着義務は、ルーフが取り外し可能となっている車両の場合、規制の対象外となっています。先代ラングラーは、同じテストでもっとベターな評価を得ていました。

フィアット・クライスラーが提出したテスト結果では、ラングラーは転倒しなかったとされています。興味深いのは、IIHSは検証プログラムの整合性を確保するために、一部の車両を対象に監査テストを実施しているということ。つまり、メーカー側の試験結果の完全性を確かめるために抜き打ちで再試験を行い、その結果、低評価を付けられたということです。当局は、これが事故の原因になったかどうかを調査しています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント