アウディの新型「A3スポーツバック」欧州で先行発売、5月初旬に納車開始

アウディは、第4世代となる新型の「A3 スポーツバック」をヨーロッパで発売すると発表しました。(欧州)発売時のパワートレインは全3種類。最高出力150PSの1.5リッターガソリンターボエンジン「1.5 TFSI」と、116PSと150PSの仕様違いの2リッターディーゼルターボエンジン「2.0 TDI」です。

発売後、ラインナップ拡大予定

エンジンパワーは、6速マニュアルトランスミッションまたは7速S トロニックを介して伝達されます。アウディによると、発売後すぐにA3スポーツバックシリーズを拡大し、排気量の異なるエンジン電気駆動システムquattroドライブといったラインナップを追加していく予定です。

150PSエンジンを搭載したモデルに装備される「4リンク リアアクスル」は、快適な乗り心地力強い走りを可能にする、スポーティーでバランスのとれたサスペンションです。オプションで「アダプティブダンパーコントロール」も搭載可能。このサスペンションを装備すると車高が10mm下がります。それぞれのダンパーは路面の状態や走行モードなどに適応し、快適性重視から俊敏なハンドリングまで幅広い設定ができます。Sラインエクステリアのモデルには標準装備され、他のモデルにはオプションとして用意されます。

全長全幅は約3cm大きく

スポーツサスペンションとダンパーは固めの設定で、車高を15mm下げます。A3スポーツバックは、全長4340mm、全幅1820mm(ミラーを除く)。従来型と比較して全長と全幅はいずれも3cmほど大きくなっています全高は1430mm、ホイールベースは2640mm。

アウディは今月から欧州で先行発売し、5月初旬の納車開始を予定しています。150PSエンジンを搭載した「1.5 TFSI」の価格は、28,900ユーロから。発売記念として特別仕様車「エディション1」も販売されます。このスペシャルエディションを選択すると、エクステリアに、マットプラチナグレーのアタッチメントダークベゼルを備えたマトリクスLEDヘッドライトチタニウムグレーの18インチホイールが装備。インテリアには、新開発されたスポーツシート一体型ヘッドレストアルミニウムインレイステンレススチールペダルなどを備えた「Sラインインテリア」が装備されます。「エディション1」、またその他のモデルの価格は現時点では明らかにされていません。

コメント