BMW最新の電動グランクーペ「Concept i4」:そのデザインが明らかに

BMWが電気自動車「BMW Concept i4」を公表しました。BMWによると、このコンセプトカーは同ブランドの電動モデルの中核を担う存在であり、2021年に生産を開始する予定の「BMW i4」を先取りしたものだといいます。

Concept i4は、BMWの高級ミドルクラスに投入される初のフル電動モデル。i4の航続距離はEPAの推定値で270マイル(約430km)、WLTPは600kmです。

最高出力は530馬力で、静止状態から約4秒で時速62マイル(100km/h)に達します。最高速度は時速124マイル(200km/h)以上とされています。ロングホイールベース、ファストバックのルーフライン、ショートオーバーハングなど、BMW曰く「優雅さと躍動感にあふれる」デザインが特徴的です。

奇抜には見えますが、BMWのデザインラインに添うように設計されました。閉じられた縦長のキドニーグリルを有し、BMWの過去と未来を繋ぐスタイルです。Concept i4はフローズンライトコッパーと呼ばれる特別なカラーが施されています。車内はドライバー中心の設計となっており、「BMW iNEXT」にフィーチャーされた曲面ディスプレイを備えています。コントロールディスプレイはドライバーに向けて湾曲した単一のユニットとして統合されています。

BMWはまた、乗客が快適に過ごせるように広々とした車内空間を用意しました。走行モードには「Core」「Sport」「Efficient」の3パターンがあります。Concept i4の生産モデルである「i4」が、2021年にいつデビューするかは不明ですが、着実に期待が高まりつつあります。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント