クルマに歴史あり。Aston Martinを象徴する名車「Vantage」誕生70周年

イギリスのスポーツカーといえば、LotusやMcLarenなど、いくつもの名前が浮かびます。そのなかでAston Martinは、同社の象徴的なスポーツカー「Vantage」に関する輝かしい偉業を祝っています。Aston Martiによると、2020年はVantageの誕生70周年にあたるのです。

Vantageは、その初期モデルの誕生以来、過去70年間にわたって36,000台以上が手作業で作られてきました。Vantageファミリーは、Aston Martinが作った最も魅力的なモデルのひとつです。同社によると、この車は走り、パワー、スタイルの代名詞だといいます。

Aston Martin Lagondaの社長兼CEOであるAndy Palmer氏は、最新の「Vantage」と「Vantage AMR」は、世界中のドライバーに対しVantageというワードが何を意味するかを表現していると言います。同氏曰く、Vantageは常に、技術的な野心、スリリングなパフォーマンス、並外れた美しさを備えてきました。

Aston Martinが初めてVantageという車名を使ったのは、1950年に「Aston Martin DB2」が登場したときで、当初はアップグレードエンジンを搭載したグレードに使われていました。初期のモデルでは、VantageはSU HV6キャブレターの使用と、2.6LのLagondaエンジンにより8.16:1の高圧縮比を実現していました。これらの改良により125馬力を発揮したDB2 Vantageは、わずか250台のみ限定生産でした。

Vantageがラインナップ上の他のモデルとデザインで差別化されるようになったのは、「DB4 Vantage」が初めてでした。266馬力のエンジンを搭載し、DB4 GT同様のカウルドヘッドライトとアルミ製トリムを装備していました。これは後に映画「007 ゴールドフィンガー」で使われ、以降ジェームズ・ボンドのアイコン的存在になったモデルです。

最新のVantageでは、4.0L ツインターボV8エンジンを採用し、503馬力にまで向上しています。時代は変われど、VantageはこれからもAston Martinを象徴する1台であり続けるでしょう。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント