フォード ピックアップトラック「マーベリック」の3Dプリント用テンプレート公開

フォードは、ピックアップトラック「Maverick(マーベリック)」の3Dプリント用テンプレートを公開しました。このテンプレートにより、オーナーは自分の好みに合わせて車内アクセサリをカスタマイズすることができ、DIYクリエイターにとっては革新的なオプションが追加されました。

マーベリックは、フォードの最新のピックアップトラックで。米国トラック市場でよく見られる11,000ポンド(約4,990kg)以上を牽引可能な5万ドル〜6万ドル(約580万円〜700万円)のクラックではなく、マーベリックはハイブリッドドライブトレインをデフォルトで搭載し、わずか19,995ドル(約230万円)から購入できます。このベースモデルは、牽引能力は2,000ポンド(約907kg)と控えめです。4Kトウパッケージのオプションを選択した場合、牽引能力は4,000ポンド(約1,814kg)に増加します。ハイブリッドドライブトレインを選択した場合の燃費は、17km/Lを達成することができます。

また、FITS(Ford Integrated Tether System)を採用することで、オーナーのニーズに合わせてインテリアをカスタマイズできることも大きな特徴です。

センターコンソールやシート下の収納ボックスなどにフォードアクセサリーと互換性があるスロットを設け、トラックのインテリアを自在にコントロールできるように設計されています。しかし、FITSが本当に優れているのは、3Dプリンタを使用して独自のアクセサリーを作成する方法をユーザーに提供することです。

「自分の3Dプリンターやサードパーティのサービスを使って、FITSで使用するアクセサリーを自分のニーズに合わせてデザインすることができます。つまり、ピックアップを自分だけのものにする選択肢は無限にあるのです」とフォードは語っています。

フォードは、センターコンソールとシート下収納の3Dプリントファイルを公開しており、オーナーがカスタマイズのオプションに足を踏み入れるための簡単な方法を提供しています。eBayやEtsyで3Dプリントのテンプレートやプリントしたアクセサリーを販売しているクリエイターもいます。

一般的なピックアップとは明らかに異なるモデルであり、その新鮮で実直な点が素晴らしいと感じさせてくれるマーベリック。フォードFITSは、その最も実直な特徴のひとつで、オーナーに自分の好きなように車を使う能力を与えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。