スバル 近未来モータースポーツEVコンセプト「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開

スバルが、東京オートサロン2022で、近未来モータースポーツEVコンセプト「STI E-RA CONCEPT」を公開しました。カーボンニュートラル時代に向けて、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的に立ち上げられたSTIが手がけたSTI E-RA CONCEPTは、ニュルブルクリンクのラップレコード400秒(6分40秒)に挑戦することが発表されています。

STI E-RA CONCEPTは、低重心で空力特性に優れたボディに大型のリアスポイラーを装備し、風を切りながらダウンフォースを発生させます。また、四方に配置されたホイールマウントの電気モーターが、コーナーアタック時のレスポンス性とヨーイング制御を向上させます。将来モータースポーツ車両(FIA E-GT)のに適合するデザインだそうです。

STI E-RAは、60kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、モーターにはヤマハ発動機のハイパーEV向けギア、インバーター一体式大トルク高回転タイプを採用しています。本年は国内のサーキットで走行し、2023年にはニュルブルクリンクのラップレコードを更新を目指すそうです。

また、スバルはソルテラSTIコンセプトも発表しました。パフォーマンスを向上させる具体的なアップグレードについては言及されませんでしたが、フロントスプリッター、新しいルーフマウント・リアスポイラー、サイドスカート、特注のフロントバンパーなど、赤を基調としたエクステリアアップグレードを備えています。また、ブラックの5本スポークの新型ホイールの内、1本のスポークが赤く仕上げられたお洒落なホイールが足元を飾ります。

東京オートサロン2022では、WRXセダンやBRZのSTIバージョンなども展示されました。WRX S4 STIは、赤いフロントスプリッター、サイドスカート、カーボンファイバー製リアスポイラーを標準装備し、WRX STIモデルの登場を予感させるモデルとなっています。

BRZ STIコンセプトには、赤いフロントスプリッターと大型のリアスポイラーも装着されています。BRZのSTIバージョンが発売されると期待してしまいそうですが、これはぬか喜びになりそうです。しかし、スバルによると、BRZのSTIボディアップグレード近日中に購入可能になるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。