BMW『X6 M』がさらに力強く、スタイリッシュに!ドイツ製カスタムキット登場

BMW『X6』は、クーペスタイルSUVの流行の先駆けとなったモデルの1つです。3代目となる現行のX6は、SUVならではの存在感と、クーペのようなしなやかさを兼ね備えたスタイリッシュなモデルです。ハーマン(HAMANN)のカスタムキットを装着することで、その個性をより際立たせることができるでしょう。

ドイツを拠点とするチューニングメーカーのハーマンは、BMW『X6 M』用のボディキットを発表しました。フロントリップ、サイドスカート、リアディフューザー、2つのリアスポイラー(小型のダックテールと大型のウイング)、ルーフスポイラーなど、アグレッシブなエアロパーツを満載。なぜ4つもスポイラーを備えているのかはわかりませんが、X6の特徴である独特のスタイリングによく馴染んでいます。

23インチのグラファイトホイールは、ホワイト、シルバー、ブラックの3色から選択可能。オプションの4本出しマフラー(ブラックセラミック製)も特筆すべき点です。その他の変更点としては、新しいスプリング(車高35mmダウン)やハーマン・バッジなどがあります。

パワートレインは、4.4LのツインターボV8エンジンを搭載して600hpを発生。8速ATと組み合わせ、4輪を駆動します。ハーマンはまた、617hpを発生する上位モデル『X6 Mコンペティション』向けのカスタムキットの展開も予定しています。

インテリアでは、専用フロアマット、ロゴ入りLEDドアプロジェクター、アルミまたはブラックアルマイトのペダルなどを採用。もちろん、LEDライト、アダプティブ・サスペンション、4ゾーン・クライメート・コントロール、16スピーカーのHarman Kardon製オーディオ・システム、ワイヤレス充電器、ヘッドアップ・ディスプレイなども標準装備されています。

カスタムキットの価格は明らかにされていませんが、米国では現在受注を開始しています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント