刺激的な香りの『GR 86』 TRDがパーツコンセプト公開

TRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)は、『GR 86』向けの「GRパーツコンセプト」と「GRパーツ」を発表しました。アグレッシブなパーツを装着した2台のコンセプトモデルが公開されています。

TRD「GRパーツコンセプト」

GRパーツコンセプトには、レーシングカーにインスパイアされたさまざまなパーツが装備されています。トヨタによると、カスタムされた吸排気システムにより、さらなるパワーが得られるとのこと。フロントエンドにはラムエアインテークを備え、新しいリップスポイラーとエアカナードがダウンフォースを向上させています。

43mm拡幅したワイドフェンダーにはエアアウトレットが設けられ、ワイドなルックスと優れた空力特性を実現。また、カーボンファイバー製のサイドスカート、リアフェンダー上のエアインテーク、リアディフューザー、そしてGT風のリアウィングを採用しています。さらに、純正よりもワイドな19インチ鍛造アルミホイールを装着しています。

GRパーツコンセプトは、総合的にサーキット走行に重点を置いたキットと言えるでしょう。

一方のGRパーツは、フロントリップ、サイドスカート、カスタムリアバンパー、ダックテール型リアスポイラーが装着されたストリートファイターモデルです。ドアバイザーが付いていることや、フューエルカバーのデザインもGRパーツコンセプトと異なるポイントです。

TRD「GRパーツ」

足まわりには、調整式コイルオーバーサスペンション、19インチのTRDホイール、GRモノブロック・ブレーキキャリパー、ベンチローターを装備。リアにはクワッドテールパイプのTRDエキゾーストシステムが採用されています。

パワートレインについては言及されていませんが、標準モデルと同じ2.4Lのボクサー4気筒を搭載し、最高出力228hp、最大トルク250Nmを発揮すると思われます。サーキット向けのGRパーツコンセプトでは、カスタムされた吸排気システムにより、250hp前後に達する可能性もあります。

新型GR 86は秋頃に発売される予定です。今回のコンセプトのようなTRDパーツが販売されるかどうかは不明ですが、カスタムやドレスアップを楽しみたいユーザーの期待は膨らむでしょう。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント