初の都市間飛行に成功!スロバキアの「空飛ぶクルマ」 ボタン1つで変形

空飛ぶクルマ、その名も『エアカー(AirCar)』が6月28日、開発段階における重要なマイルストーンを達成し、生産に向けて動き出しました。そのマイルストーンとは、初の都市間飛行であり、エアカーはスロバキアの都市ニトラからブラチスラバまで35分間の飛行に成功しました。

この空飛ぶクルマを開発したクレインビジョン(Klein Vision)社は、一般的な移動時間を2分の1に短縮できるとしています。エアカーの最大の特徴の1つは、ボタン操作でボディが変形することです。

飛行時は大きな翼を持つ飛行機の姿をしていますが、機体内のボタンを押すと、3分以内にスポーツカーに変身し、普通のクルマのように運転できるようになります。主翼と尾翼は自動的に展開・格納されます。

エアカーのプロトタイプ1号機は、160hpのBMW製エンジンと固定プロペラを搭載していました。飛行中の万が一のトラブルに備えて、車両全体を安全に地上へ着地させることができるバリスティック・パラシュートも装備されています。1号機は民間航空局の監督のもと、40時間以上のテスト飛行を行いました。

プロトタイプ2号機ではエンジンが300hpに強化されており、EASA(欧州航空安全機関)の航空機認証CS-23と、公道走行が可能な認証を取得しています。可変ピッチプロペラを搭載しており、高度8,200フィート(2,500m)、巡航速度190km/hでの飛行に成功していますが、最高速度は300km/h、最大航続距離1000kmを想定しているとのことです。

今回の都市間有人飛行は、空飛ぶクルマでは世界初となります。また、クレインビジョン社にとっては、空飛ぶクルマによる142回目の着陸成功になるといいます。エアカーを開発したチームは、空飛ぶクルマはSFの世界から現実世界に移行し、もはやコンセプトではないと語っています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント