BMW、水素燃料電池車のテスト走行開始 SUV『X5』ベースの試作車公開

BMWは、SUVの『X5』をベースに水素燃料電池パワートレインを搭載したプロトタイプのテストを開始しました。BMW『i Hydrogen NEXT』と名付けられたこのプロトタイプは、燃料電池で水素と酸素を反応させて走行するEV(電気自動車)です。BMWは、水素燃料電池技術が、内燃機関やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)、EVに代わる未来のモビリティーになるとしています。

BMW『i Hydrogen NEXT』

BMW AGの取締役会メンバーで開発担当のフランク・ウェーバーは、次のように述べています。

「水素燃料電池技術は、特に大型車クラスにおいて、持続可能なドライブトレインの魅力的な選択肢となります。そのため、水素燃料電池ドライブトレインを搭載した車両の路上テストは、当社の研究開発努力における重要なマイルストーンとなっています」

BMWは、2022年に水素燃料電池SUVの限定モデルを発売する計画を発表しています。それに向けたテスト走行が、i Hydrogen NEXTにより行われているのです。

BMW『i Hydrogen NEXT』

あまり知られていませんが、BMWは2000年代初頭から水素技術に取り組んできました。セダンの『7シリーズ』をベースにした高級車『Hydrogen 7』が限定生産されたことがありますが、このモデルでは燃料電池と電気モーターではなく、水素とガソリンの両方を燃料とする6.0L V12エンジンを搭載しており、正式には世界初の量産型水素自動車となりました。

Hydrogen 7は100台しか生産されず、そのすべてがリースされていました。BMWは今回、次世代の水素燃料電池SUVを100人以上の顧客にリースすることを目標としています。

BMWによると、i Hydrogen NEXTプロトタイプは、水素燃料電池技術と第5世代のeDrive技術を組み合わせたものだといいます。パワートレインは、BMWの直列6気筒ガソリンエンジンと同レベルの最高374hpを発生させることができるとのこと。

i Hydrogen NEXTは、ジャガー・ランドローバーが開発した『ディフェンダー』の水素燃料電池プロトタイプと同様に、パフォーマンス・バッテリーを搭載しており、高い加速力と回生エネルギー機能を有します。プロトタイプには、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製の700バールの貯蔵タンクを2つ備え、合計で6kgの水素を貯蔵することができます。

燃料電池技術については、トヨタと共同で開発しています。両社は2013年から、将来の自動車に搭載する水素燃料電池の可能性を検討し、実現への取り組みを進めてきました。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント