伝説のハマー、新章の幕開け!新型GMC『ハマーEV SUV』誕生 2023年生産開始

GMCは、2023年に生産開始予定の新型『ハマーEV SUV』を発表しました。少なくとも外見上は、「ハマー」であることに疑いの余地はありません。おなじみのプロポーション、ワイドなフェンダー、筋肉質なボディラインを備え、22インチホイールも普通のサイズに見えてしまいます。

約3,218mmのホイールベースと、優れたデパーチャーアングルとブレークオーバーアングルを持つフルサイズのSUVですが、4輪操舵システムを採用することで最小回転半径を10.8mに抑えています。一方で、駐車スペースの出入りやオフロードでの狭い場所でのSUVの斜め移動を可能にする「クラブウォーク」も用意されています。

エクストリームオフロードパッケージでは、ホイールを18インチに交換し、35インチOD MTタイヤを装着します。このパッケージには、アンダーボディアーマーとロックスライダー、フロントのeロッカーとバーチャルリアロッカー、ヘビーデューティなボールスプラインハーフシャフト、カメラを含むGMCウルトラバージョンも追加されます。

GMの次世代EVアーキテクチャであるアルティウムプラットフォームを採用し、モデルによって最大480km以上の航続距離を実現。さらに、最大で830馬力を発揮し、0-97km/h加速で約3.5秒を達成するとのこと。

室内には、「スカイパネル」と呼ばれる取り外し可能なルーフが標準装備され、リアにはドロップグラス・ウィンドウが付いています。ダッシュボードには、大きなディスプレイとがっしりとした操作系など、ハイテクと頑丈さが融合しており、好みにあわせてカスタマイズできる「マイモード」設定も用意されています。また、車線変更を自動的に行うスーパークルーズも標準装備。

2024年モデルのGMCハマーEVの生産開始は2023年初頭を予定。22インチのプレミアムホイール、アシストステップ、フロアライナーを標準装備した初期モデルの「エディション1」パッケージは、105,595ドル(1,152万円)からとなります。

その後、2023年春には、89,995ドル(982万円)の「2X」と99,995ドル(1,091万円)の 「3X」が登場します。前者は2基のモーターで最大625馬力、後者は3基のモーターで最大830馬力を発揮。いずれも20モジュールのバッテリーで480km以上の航続距離を実現し、800V/300kW充電にも対応します。

最も手頃な価格のモデルであるハマーEV2 SUVは、79,995ドル(873万円)からとなっています。航続距離は400km以上で、2モーター/16モジュールのバッテリーと400Vのアーキテクチャーにより、最高出力は625馬力に達します。航続距離480km以上を実現する800Vの20モジュールバッテリーはオプションとなります。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント