5.0L V8エンジン搭載!旧型ディフェンダーの特別仕様車登場 25台限定復刻

9つの命を持つ猫のように、初代ランドローバー『ディフェンダー』の人気は衰えることを知りません。新型が登場してもなお、旧型をベースにしたカスタムカーが多く販売されています。今回、ランドローバーのクラシック部門は『ディフェンダー・ワークスV8トロフィー』を25台製造すると発表しました。購入者には、英国の城で開催されるアドベンチャーイベントへの参加権が与えられます。

2012年から2016年まで製造されたディフェンダー・ワークスV8のラダーフレームとボディをベースに、さまざまなアップグレードが施されています。5.0L V8エンジンは405馬力と515Nmのトルクを発生。8速ATを介して4輪すべてにパワーを送ります。

ランドローバー『ディフェンダー・ワークスV8トロフィー』

他にも、サスペンション、ステアリング、ブレーキなどを強化。フロントウインチ、マルチポイント・エクスペディションケージ、ルーフラック、スポットライト、アンダーボディプロテクションなど、オフロード性能を高める装備が充実。

ボディはショートホイールベースの「90」とロングの「110」を用意。イエローボディにブラックのアクセントが添えられ、アグレッシブな印象を与えます。16インチの専用スチールホイールにオールテレーンタイヤを装着しており、エクステリアと同じイエローに仕上げられています。

ランドローバー『ディフェンダー・ワークスV8トロフィー』

その他、LEDヘッドライト、ヘリテージフロントグリル、専用バッジ、ボディグラフィックを標準装備。インテリアでは、フルブラックのウィンザーレザーが施されたレカロシート、ナビゲーション、ELLIOTT BROWNによる特製ウォッチを搭載しています。

ランドローバー・クラシックの責任者、ダン・ピンク氏は次のように述べています。

「ランドローバー・ディフェンダーは、単なる乗り物ではありません。その能力の高さから、どんな道も走破できることで有名です。新型のV8トロフィーは、新世代の冒険家に命を吹き込みます」

25人の購入者は、ランドローバーが開発の本拠地としている英ヘレフォードシャー州のイーストナー城で、2021年後半に開催される3日間のオフロード・アドベンチャーに参加することができます。

新型ディフェンダーに興味がない方には、最新技術を注入されたディフェンダーV8の方がおすすめかもしれません。ランドローバー・クラシックは現在注文を受け付けており、価格は195,000ポンド(2,823万円)からとなっています。

林 汰久也

愛知県在住28歳♂/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。その後退職し、2020年よりフリーの自動車ライターとして活動中/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント