ディズニーと協力?シボレー新型EV、2月14日発表予定

シボレーは今年のバレンタインデー(2月14日)に、新型EV『ボルトEV』と『ボルトEUV』を発表することを明らかにしました。ウォルト・ディズニー・ワールドと提携して発表されるといいます。

ディズニーとの提携については詳細が明らかになっていませんが、現在公開されている予告映像では、ティンカー・ベルの格好をした女の子が新型ボルトEUVの後席に乗っている様子が収められています。ボルトEUVのテールライトとテールゲートの一部も確認できますが、リアウィングが傾斜していることからクーペ風のシルエットとなることが分かります。

公開されている予告映像

新型ボルトEVは現行モデルと同じBEV2プラットフォームを採用しており、航続距離は大きく変わらない400km強と予想されます。新たに登場するクロスオーバーのボルトEUVも基本アーキテクチャーを共有しますが、シボレー車としては初めて半自動運転システム「スーパークルーズ」を搭載し、アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援、ドライバー監視システムが装備されます。

新型シボレー『ボルトEUV』のティザー画像

2016年に登場した現行モデルのボルトEVは、シボレーの電動化の先駆けとして発売されたものの、コンパクトなハッチバックスタイルが米国市場で受け入れられず、販売は不調。今回新たにクロスオーバーの派生モデルを導入することで、盛り返しを図ります。

2月14日は、おとぎ話のようなワールドプレミアに期待しましょう。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント