実用性のあるLotus Evora登場! 『GT410』がグレードに追加

英国のスポーツカーメーカーLotusは、同社の「Evora」シリーズが2モデルになったと発表。既存の「Evora GT410 Sport」に加え、新しく「Evora GT410」が追加されました。同時にGT410 Sportも改良が加えられています。GT410の購入者は、Sportバージョンと比較して、使いやすさと快適さが向上した、標準仕様モデルを入手できます。

スポーツ性にすべてを割り振った車作りが楽しいLotus。今回実用性が備わったことで、ユーザー層の拡大に期待ができる。

日常使用を重視 使い勝手と快適性が備わった新グレード

Lotusといえば、ライトウェイトスポーツのモデルに特化し、実用性には期待できないイメージがあります。走りに割り切ったスパルタンな魅力が詰まったブランドですが、ここにきて実用性を意識し始めたようです。

既存のSportでオプションとして提供されていたアイテムの多くは、GT410では標準装備されています。多くのオプションが用意されているにもかかわらず、この新モデルはSportよりも3,000ポンド安い価格で販売されています。Lotusは、GT410をより使いやすい「日常車」にすることが狙いだと述べています。

GT410では、Sparcoのスポーツシートとエアコンを標準装備。バックカメラが内蔵されているほか、ナビゲーションとApple CarPlayを備えたプレミアムインフォテインメントシステムも搭載されています。DABデジタルラジオ(AM・FMとは異なる規格のラジオ)に対応しているのも、ひそかな特徴と言えるかもしれません。アームレストと収納ポケットが一体化したドアトリムが施され、快適性と実用性が向上しています。

GT410 Sportからスプリングレートが変更され、パフォーマンス重視のエクスペリエンスは変わらず、より良い乗り心地を提供します。タイヤはミシュランのPilot Sport4Sを装着し、オールシーズンの使用が可能です。

エモーショナルなデザインに大きな変更はないが、内装やサスペンションに手が加わっている。

価格も良心的な設定

ボディカラーのオプションも新しく追加されました。また、GT410 Sportで色分けがなされていたルーフ、サイドシル、テールゲート、アクセスパネル(整備用のパネル)、ドアミラーはボディと同色になります。APレーシング製のブレーキキャリパーは赤で、シルバーまたはグロスブラックのVスポークホイールが付属しています。

クルーズコントロール、シートヒーター、パーキングセンサーなども装備したEvora GT410。Lotusによると、この車は82,900ポンド(約1,175万円・実際の日本国内価格は未確認 )で販売されるようで、個人的には決して高い金額とは感じません。今や希少なミッドシップのライトウェイトスポーツカーが、快適性や使い勝手という「良心」を手に入れたのです。嬉しくないはずがありません。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント