高級感アップ!マツダ「CX-5」など北米向け3車種に特別仕様車設定

北米マツダは、2021年モデルの「CX-5」「CX-9」「マツダ6」に特別仕様車「カーボンエディション」を設定しました。特別カラーの「ポリメタルグレー」やブラックのアクセントパーツ、レッドレザーの内装材などを採用。高級感と先進性を強調するパッケージとなっています。

特別仕様車「カーボンエディション」

ハッチバックの「マツダ3」で初採用されたポリメタルグレーは、やや青みを帯びた色合いで、特にマツダ6とCX-9では近未来的な雰囲気を醸し出しています。

ほかにも、ブラックメタリックアロイホイール、グロスブラックのミラーキャップ、ブラックのインテリアアクセント、レッドステッチとブラックハニカムトリムを施した豪華なレッドレザーシートを採用しています。

また、Apple CarPlayやAndroid Autoを搭載するほか、「i-ACTIVESENSE(アイ・アクティブセンス)」などの運転支援機能を標準装備。ブラインドスポットモニター、レーダークルーズコントロール(発進&停止機能付)、スマートブレーキサポートなどが備わります。

マツダ6(北米仕様)

走行性能については手を加えられていません。

CX-5は、従来通り2.5L 4気筒エンジン(187馬力、252Nmのトルク)を搭載。上位モデルにはターボが設定され、最高出力227馬力、最大トルク420Nm(プレミアムガソリンでは250馬力、430Nm)となっています。

このエンジンはCX-9とマツダ6にも同じものが用意されています。CX-9は北米向けの3列シートSUVです。

カーボンエディションの価格は明らかになっていません。マツダ車は、常にその独創的なデザインで際立っていますが、カーボンエディションによってより洗練されたものとなります。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント