大人気のリンカーンSUVシリーズ モノクロパッケージ設定

リンカーンで人気の高い高級SUVシリーズに特別なオプションが登場。昨年秋にナビゲーターに設定された「モノクロマティック・パッケージ」が、コルセア、ノーチラス、アビエイターにも追加されました。ボディラインを強調し、クリーンな印象を与えるパッケージです。

用意されたカラーオプションは、プリスティンホワイト(Pristine White)、セラミックパール(Ceramic Pearl)、インフィニットブラック(Infinite Black)、アッシャーグレー(Asher Gray)の合計4色。

ブラック仕上げの20インチもしくは22インチのホイールに加えて、単色のグリルとネームバッジが装着されます。モデルによっては、ボディカラー同色のサイドミラー、ボディクラッディング、ホイールアーチなどが追加されます。

選べるボディカラーはモデルによって異なり、コルセアではプリスティンホワイト、インフィニットブラック、アッシャーグレーの3色が用意されています。

ノーチラスはインフィニットブラックのみ。アビエイターはプリスティンホワイト、インフィニットブラック、アッシャーグレーから選択可能。ナビゲーターでは、プリスティンホワイト、セラミックパール、インフィニットブラックが選べます。

アビエイターは現在、北米の大型プレミアムSUV市場で10%のシェアを誇り、コルセアは小型プレミアムSUV市場で8.5%以上を占めます。リンカーンは高級SUVのシェアを伸ばし続けています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント