SUVに鮮やかなスリルを ランボルギーニ ウルスに新色追加

ランボルギーニは17日、SUVのウルスに「パールカプセル」というカスタマイズオプションを追加したと発表しました。同社によれば、「ランボルギーニのスーパーSUVのカラーと機能における新たな冒険の始まり」を意味するとのこと。鮮烈な印象を残すボディカラーに注目です。

ウルスにとって初となるカスタマイズオプションは、ランボルギーニのチェントロ・スティーレ(デザイン部門)によって開発されました。

追加されるボディカラーは3色。いずれも4層のハイグロスパールカラーです。

  • ジアッロ・インティ(Giallo Intiand、イエロー)
  • アランチョ・ボレアリス(Arancio Borealis、オレンジ)
  • ヴェルデ・マンティス(Verde Mantis、グリーン)

これにハイグロスブラックを組み合わせたツートーンのエクステリアとなっているのが特徴です。ルーフ、リアディフューザー、スポイラーリップなどのディテールがグロスブラックで塗装されています。

また、マットグレーのテールパイプに、ボディカラーのアクセントが入る23インチのハイグロスブラックホイールを装着。鮮やかさをより引き立てます。

インテリアも、ボディカラーと同じ色をアクセントにしたツートン仕様に。シートのヘッドレストにはロゴの刺繍が施されています。

カーボンファイバーとブラックアルマイト加工を施したアルミニウムのディテールも、各部に採用しています。

パールカプセル専用オプションとして、パンチング加工を施したアルカンターラの電動シートを採用し、快適性を向上させています。

パールカプセルは2021年モデルのウルスに設定されます。ランボルギーニによると、2019年のウルス発売以来、世界中で8,300台以上を販売したといいます。

また、発売以来、最も人気のあるカラーオプションはグレーで、代表的なイエローがそのあとに続くとのこと。

パールカプセルで追加された3色のパールカラーのほか、「グリジオ・ケレス(Grigio Keres)」というメタリックグレーが標準色に加わりました。

ブラック、グレー、ブルー、ホワイトのマットカラーも、オーダーメイドプログラムで選べるようになっています。

2021年モデルのランボルギーニ ウルスは、米国では218,000ドル(2,332万円)からとなっていますが、日本での販売価格は明かになっていません。また、パールカプセルの価格も未発表です。

林 汰久也

愛知県在住 27歳。ハウスメーカーの営業を経て、IT企業のメディア事業に参画。記事制作ディレクターとして店舗紹介記事などの制作に携わる。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。

コメント