新型マスタングに高性能モデル「マッハ1」の復活が確定!

フォードの高性能モデルに与えられる「マッハ1」の称号が、新型マスタングにて復活します。同様にマッハの名がつけられた電動クロスオーバー「マスタング・マッハE」とは異なり、伝統的なV8エンジンを搭載したマッスルカーです。

フォードが最初にマッハ1の称号を使ったのは、1968年8月にデビューした1969年モデルのマスタング(第2世代)でした。マットブラックのピンストライプとエアスクープをボンネットに備え、フォードが「スポーツスラッツ(SportSlats)」と呼ぶリアウィンドウルーバーをアップグレード。4種類のV8エンジンが用意され、最も大きいものでは7.0Lという大排気量を誇りました。

これ以降、マッハ1の称号はマスタングのハイパフォーマンスグレードにつけられるようになりました。80~90年代に一旦廃止された後、2004年モデルのマスタングで復活。第4世代のマッハ1では、オリジナルのデザインのディテールに加え、新しいハンドリングサスペンションシステムや大型ブレーキなどの変更が加えられています。

ベースとなるマスタングは数十年の間に変化を続けてきましたが、マッハ1の位置づけは変わっていません。今、フォードは再びそれを起動させようとしています。先日、同社は2021年モデルの新型マスタングにマッハ1が設定されることを明らかにしました。

詳細は今のところ不明です。現時点で分かっているのは、5.0L V8エンジンを搭載し、マスタングGTよりもさらにハイパフォーマンスだということです。フォードのグローバルディレクターであるデイブ・ペリキャク氏によると、「より高レベルのパワー、精度、コレクタビリティを求める筋金入りのマスタング愛好家に捧げる」ことを意図しているとのこと。

フォードが公開した新型マスタング・マッハ1の画像には、まさにサーキットで行われているテスト走行の様子が映し出されています。フロントとリアには当然ながらカモフラージュが施されていますが、フロントグリルの大きな円形のインテーク、大型リアスポイラー、そして本格的なブレンボ製ブレーキの存在は明らかです。

伝統を守る姿勢はインテリアにも表れるはずで、ホールド性の高いスポーツシートなどを装備するものと思われます。既存のデジタルクラスターにも新しいグラフィックが用いられる可能性が高いです。

マスタング・マッハ1の発売時期や性能などは明らかにされておらず、またそれらの情報がいつ頃公表されるのかもわかっていません。ただ、今年の後半には詳細が明らかになると思われます。

林 汰久也

愛知県在住 27歳。ハウスメーカーの営業を経て、IT企業のメディア事業に参画。記事制作ディレクターとして店舗紹介記事などの制作に携わる。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。

コメント